2012.05.19

イメージ・コンバージョン・ナイト
- 音による映像の<改造>実験 -
produced by Satoru WONO

出演:一ノ瀬 響 / 鈴木 治行 / ヲノサトル

日時:5月19日(土) 開場 19:00 / 開演 20:00
会場:音楽実験室 新世界
   
東京都港区西麻布1-8-4 三保硝子B1 tel 03-5772-6767
料金:予約 2,500円 当日 3,000円(+1ドリンク)
予約:shinsekai9.jp/ticket/


映像と音のコラボレーションを続けてきた音楽家たちが、三者三様の映像に独自のサウンドトラックを生演奏する一夜限りのパフォーマンス。これは視覚と聴覚の<コンバージョン>=改造実験だ!


もちろん「映像」とは、オーディオとビジュアルが分ちがたく結びついたメディアだ。
だが待て。果たしてその二つは本当に分離できないか? 視覚と聴覚をバラバラに解体することで、映像が最初に持っていた意味を脱臼させ、新たな文脈にトランスフォームはできないか?

たとえば古い建物を大胆に改築して別の用途に用いる建築のリノベーションや、意訳や超訳によって古典を現代の視点で読み換える文学の試みのように、既成の映像からサウンドトラックを削除して全く別の新たなサウンドを同期させてみよう。これは視覚と聴覚の<コンバージョン>=改造実験である。

当夜は、いずれもコンポーザー=パフォーマーとして活躍し、映像と音のコラボレーションを数多く経験してきた三人の音楽家が、それぞれのアプローチで一夜限りのパフォーマンスに挑む。

果たして、いかなる<改造映像空間>が立ち上がるか… ぜひお立ち会いあれ!


一ノ瀬響 www.kyo-ichinose.net
1972年、東京生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。2002年、独自の豊穣なエレクトロニクスミュージックにより、半野喜弘がA&Rを務めるCurrentレーベルより初のソロアルバム「よろこびの機械」をリリースする。以降、「Lontano」、「Protoplasm」、「Earthrise 2064」と合計4枚のソロアルバムを制作、UKの音楽雑誌”WIRE”の特集にて年間ベストアルバムの1枚に選ばれるなど、ヨーロッパをはじめとする海外から高い評価を受ける。ソロ活動以外でも数々の先鋭的なCM音楽の作曲やアーティストとのコラボレーション、インスタレーションのサウンドプログラミングまで、常に音と音楽の境界を探るジャンル横断的活動を展開している。


鈴木治行
東京都出身。1990年,作曲家グループTempus Novum結成。1995年、『二重の鍵』が第16回入野賞受賞。1997年、衛星ラジオ「Music Bird」にて鈴木治行特集放送、2005年、ガウデアムス音楽週間、2006年、イタリアのサンタマリア・ヌオヴァ音楽祭に招待参加など、作品は国内外で演奏、放送されている。他ジャンルとのコラボレーションにも積極的で、これまでにも演劇、美術、映像などとの共同作業を行ってきた。ソロCDとしては『システマティック・メタル』『語りもの』『電子音楽作品集1』『比率』などがある。近年は電子音楽の自作自演も開始。


ヲノサトル www.swono.com
現代音楽の作曲からエレクトロ・ポップの制作まで、幅広い作風で知られる音楽家。芸術ユニット『明和電機』にオルガン奏者「経理のヲノさん」として関わり続け、ムード音楽バンド『ブラックベルベッツ』にも参加。2011年から「MOODCORE」レーベルを立ち上げ、ototoy.jpからオンライン配信を開始。同時に電子実験音楽に特化した「fill」レーベルも始動、2012年1月にCD『舞踏組曲』を発表。これまで多くのCMや映像作品に音楽を提供し続け、また現在は多摩美術大学で映像論の講義を担当するなど、映像と音の関係を考察し続けている。




2011.10.01 終了しました

fill ローンチ & 舞踏組曲 完成記念 イベント
腦内舞踏会

日時:10月1日(土)20:00 開演
会場:トラウマリス (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 3F)
料金:予約 2000円 当日 2500円(ともに1ドリンクつき)
予約:info@traumaris.jp

第1部 舞踏組曲 - ライブダブ
演奏:ヲノサトル(computer)

第2部 トークセッション
「ルイ14世はミラーボールの夢を見たか?」
ゲスト:沼野雄司(音楽学者) 速水健朗(ライター)

2011年10月1日。電子音楽レーベル"fill"は、その始動と第1弾CD『舞踏組曲』完成を記念し、ここに一夜限りの舞踏会を開催する! ただし、この舞踏会においては、聴衆による一切のダンスはこれを禁ず! 律動への脊髄反射で無自覚に踊り続けるアンシャン・レジームの時代は終わった! ワルツ、メヌエット、サラバンド… 封印されたバロック時代の宮廷舞踏を21世紀に強制解凍し、強引にも電子音響音楽の歴史に接続する企て、それが「腦内舞踏会」である!

第1部<舞踏組曲 - ライブダブ>は、全7曲の『舞踏組曲』を、誰ひとり聴いていない発売当日にもかかわらず解体し、あらかじめ再構築して呈示するライヴ・コンピューティング・パフォーマンス。続く第2部<ルイ14世はミラーボールの夢を見たか?>では、中世の西洋貴族社会から今日の匿名的フラッシュモブに至るまで、決して尽きない人類の舞踏欲望とは一体何なのか、トークセッションによってその核心に迫る。出演は"fill"主宰のヲノサトルに加え、現代音楽の尖端領域を研究する気鋭の音楽学者・沼野雄司、そしてポップカルチャーの裏歴史を走査し続けるライター・速水健郎。さあ、ラストダンスを踊るのは誰だ!


ヲノサトル(作曲家/音楽家)
現代音楽からエレクトロポップまで幅広い作風で知られる音楽家。芸術ユニット『明和電機』にオルガン奏者「経理のヲノさん」として関わり続け、ムード音楽バンド『ブラックベルベッツ』鍵盤奏者としても活動。高音質データ販売限定のアルバム『ヲノサトル・ムードコア・ポッセ LIVE at 音楽実験室新世界」(http://ototoy.jp より9月2日発売)に続き、10月1日には電子音楽に特化した新レーベル「fill」をローンチ。2007年から冷凍保存していた音源を最新のDSDテクノロジーでパワー・マスタリングしたニューアルバム『舞踏組曲』を第1弾として発売。

沼野雄司(桐朋学園大学准教授/音楽学)
武蔵野音楽大学、東京芸術大学大学院を経て、同大学院博士後期課程修了。2008~09年ハーバード大学客員研究員。著書に『リゲティ、べリオ、ブーレーズ前衛の終焉と現代音楽のゆくえ』(音楽之友社)、『光の雅歌』(共著、春秋社)、『日本戦後音楽史』(共著、平凡社)など。

速水健郎(編集者/ライター)
パソコン雑誌の編集を経て2001年よりフリーランス。メディア論から都市論、ポップカルチャー論まで幅広く執筆。著書に『ケータイ小説的。ー"再ヤンキー化"時代の少女たち』『タイアップの歌謡史』『自分探しが止まらない』など。『思想地図β vol.1』ショッピングモール特集監修、朝日新聞「売れてる本」欄担当ほか。